遺品整理とリサイクルは専門業者に依頼|整理マニュアル虎の巻

焼香

整理をする前に知っておく

参列

遺品には故人や残された遺族の思い出というのが沢山詰まった物も多いので、他人から見ればなんともない不用品であっても、遺族からすればかけがえのない品物という事も普通にあるんですよね。そうした遺品の整理というのは従来であれば、遺族が集まって時間をかけて行うというのが通例でした。しかし、現在では、そうした事っていうのは珍しくなりつつあります。その要因の1つとしてあるのが少子高齢化なんですよね。子供が少なくなるという事は残される家族が減るという事で、更にいうとそうした子供達も自分たちの生活のために仕事等があるわけで、お通夜であったりお葬式には出席する事は可能だけど、遺品整理までは難しいというような状況も普通にあります。遺族が多ければ多いほど、遺品整理にかかる時間と言うのは短縮出来ますが、少なくなればなるほど、沢山の時間が必要になってきます。故人のパートナーが一人で遺品全てを整理しなければならないというような事も珍しくなくなっている為、遺品整理の業者というのが今では重宝されるようになっているのです。

遺品整理の流れと言うのは非常に単純で、遺族で行う場合には、お葬式が終わった後に故人宅の遺品を処分したり遺品として遺品分けしたりというふうにするのですが、業者を利用する場合においても、流れというのはあまり変わりはありません。基本的には、まず業者に連絡を取る事によって、業者の方が個人宅まで訪問してきてくれます。そうして、遺品整理にはどの程度の費用が必要になるのかという見積もりを取ってくれるわけです。基本的に遺品整理にかかる費用と言うのは遺品の多さ等によって変動する為、まずはこうした事前の見積もりというのが基本になるんですよね。そして、見積もりが出た後は、実際に遺品整理を業者の方にお願いするかどうかを考え、してもらうという場合には、契約を行います。契約の際には遺品整理を行う日程なども一緒に決める事になると思います。そうして、契約時に決めた日程で作業を行う事になります。この遺品整理の作業の間と言うのは依頼人は立ち会うのが基本となります。